FC2ブログ

志明院と「君の名は。」Another Side

Category: 未分類  

おはようございます^ ^

まろやかな愛し愛され
Bodyを育みます♡

えな(子宮)トリートメント@なら
けいこ・Remi です。

買ってしまいましたよ〜
「君の名は。」のAnother Side。。
ミーハーな自分を
まだ認めたくないところあります 笑

そして
これを須佐厳さんの
巡礼記・志明院へ向かう
電車の中で読んでました。

読み切ったのは
昨晩ですが
電車の中で読んだ
初めの部分が
とても心に響きました。

主人公の瀧くんが
三葉ちゃんと入れ替わるうちに
糸守湖の風景を見て
「これから先、自分は
懐かしいという概念を
この景色とワンセットで
想起するだろう。
この景色はー。
どこかに還ってゆく
という概念を持たない瀧に
神が与えた、”故郷“なるものの
イメージ像なのではあるまいか。」

子宮という「還るところ。」を
体内に持つ女性に比べて
男性は確かに「還るところ。」が
曖昧なんだろうなと
思いました。

旦那さんも
家庭は帰ってほっとするところで
あってほしいと。

でも、たぶん本来
女性はその場を自分の中に
持っているんだなと。
だから、特別に他に
求めなくても良いように
なっている。

私には志明院も
そんな場所に思えました。
暖かく包まれる場所。

「還るところ。」
本来永く、今も
修行の場である志明院。

修行というある特殊な
日常をおくり
自分の弱さを見せつけらる
場でもあれば
自分の弱さを
受け入れてくれた場でもあり
やっぱりそこは
修行する方々の
「還るところ。」
心がほっとするところに
なっている気がしました。

かつて男性は修行して
還るところを
作っていたのかも。

そして、今も男性にとって
女性という全く違う性に
向き合うことは
修行といえなくないのかもしれません。

うちの旦那さんを
見ていて思います 笑

私も男性的に修行好きな時が
ありました。

その時はきっと
自分の中の
女性・還るところ・子宮を
自分で感じてなかったんだと思います。
必死で自分の外に
ほっとする場所を
作ろうとしていました。

自分の中に
ほっとする場所は
あるのにね🍀


♡11月えな(子宮)トリートメント
オープンデー
11月10日(木)10:30〜
11月11日(金)10:30〜
11月24日(木)10:30〜
11月30日(水)10:30〜

♡美苗と啓子の性と愛のお話会
11月18日(金)10:30〜12:30
場所 サロンGOLD(大阪市西九条)
※お申込みいただいた時点で
詳細をお知らせしますね。
参加費 4,000えん

お申込み・お問合せは
下記アドレスの☆を@にかえて
お願いします。

ay3024☆i.softbank.jp

いつもありがとうございます(*^^*)
スポンサーサイト




 2016_11_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

けいこ・remi♪

Author:けいこ・remi♪
子宮のキレイは
地球のキレイに繋がっている

奈良の自宅の一室で
子宮をキレイに元気にする
えな(子宮)トリートメントを
やっています。

マクロビオティックインストラクターだった
経験を活かし
食からのキレイ
お料理することで
自分自身を整えることも
発信しています(*^^*)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.